2017/09/22

しまむらのおすすめ枕!高さ調節シート付低反発まくらが安いのに優秀

CLAOSSHI低反発まくら

しまむら大好き主婦komieです。CLOSSHI(クロッシー)の低反発まくらを買いました。

今まで使っていたテンピュールの枕を処分して、家にあったごく一般的な枕(綿が詰まったフカフカ系)を使ったら、とんでもない肩こりが発生!首が痛いせいで、体全体がだるく感じられます。

枕一つでこんなにも体に影響が出るなんて驚きです。とりあえず、すぐにでも新しい枕がほしかったので、いい枕を探すまでのつなぎとして、近所のしまむらでよさそうな枕を買ってきました。

つなぎのつもりが、思いのほか使い心地がよくって!気に入ったのでメインに昇格してしまいました。実家の母にもプレゼントしようと思っています。

スポンサーリンク

しまむら低反発まくらのおすすめポイントは?

私が購入したのは、正式名称は「高さ調節機能付 低反発まくら」。

CLAOSSHI低反発まくらタグ

首が当たるところが波型に高くなっている、低反発枕らしい定番の形です。

しまむらのオリジナルブランドCLOSSHI(クロッシー)のものです。CLOSSHIは品質だけでなく機能がプラスされたものが多数用意されているのでお気に入り。

には洋服からインテリアまで多数用意されています。私が持っているカップ付きインナーもCLOSSHIのもの。

参考 しまむらのカップ付きキャミソール「素肌涼やかインナー」を着てみた感想

そのCLOSSHIブランドの枕ですから、高機能なまくらになっています。私が使ってみて感じたおすすめポイントを紹介します。

お値段が安い

低反発枕は高級品も多数ありますが、しまむらのこの枕は1900円(税込)とお手頃な価格です。

CLAOSSHI低反発まくら値段

ちなみに、しまむらの寝具コーナーには500円のウォッシャブル枕なども置いてありました。私が買ったCLOSSHIのまくらは、専用のファスナー袋に入っていて、高級グレード扱いです。1900円なのに!

ウォッシャブル枕も子供用に買い足しています。

ウォッシャブル枕

参考 しまむら家で洗えるウォッシャブル枕!選んだポイントと使い心地を紹介

枕の高さが変えられます

この枕のいいところは、枕の高さが変えられること。中身が3つのパーツに分かれています。

CLAOSSHI低反発まくら中身

私はシートを1枚抜いて、高さを低くして使うことにしました。

CLAOSSHI低反発まくらタグ詳細

枕本体とシートの組み合わせ方で3通りの高さに調節できます。シートを2枚抜いて一番低くすれば、子供用にもなりそうです。

通気性がいい

低反発枕は素材の特性で空気を通しにくいせいか、夏暑いものが多いです。しまむらのまくらには空気が通るように小さな穴が開いています。

中身は3枚ともすべて通気口付き。穴のせいで低反発のクッション性は少し物足りない感じですが、通気性がいいのは暑い夏にも使えてポイント高いです。

カバーは綿100%で、取り外して洗濯ができますから、清潔に使えます。消臭加工もされているそうです。

スポンサーリンク

他メーカーのまくらと比べてどう?

一日の3分の1は睡眠時間ですから枕にこだわる方は多いです。わが家でも有名な枕を使ったことがあります。

テンピュールのミレニアムネックピロー

私が今まで使っていた枕はテンピュールの低反発枕です。一大ブランドですし、低反発の具合が、しっとりというかねっとりと沈み込む感じで、使い始めたころは感動しました!

この独特の低反発のクッション性は、他メーカーの低反発とは一線を画していますよね。今回買ったしまむらの低反発はテンピュールに比べると軽い感じがします。

使い心地は非常に良かったのですが、困ったのが夏に暑いということ。枕にあたっている首の周りが汗ばむぐらい蒸れてしまいます。

とうとう首があたる部分に小さな黒い斑点が!カビが発生していまったので、泣く泣く処分しました。

私の管理方法がずさんだったのでしょう。陰干しをマメにすればよかったかもしれません。私が買った時は10000円ぐらいだったかな。5年以上使ったので十分に元は取っていますが。

余談ですが、首の部分がくぼんだような独特な形をしているので、枕カバーを洗うと、中身を入れるときに向きが分からなくなってしまうという事件がよく起きました。

いつも夫にやってもらうことになって、私は空間把握(図形把握)が苦手みたいです。

しまむらの低反発枕は通気性がいいので、夏に使っていても蒸れる感じはしません。低反発枕は夏には暑いと感じている方は、しまむらの枕がおすすめです。

西川の肩楽枕

夫もテンピュールを使っていましたが、私より先に中身のクッション性が減ってしまって、今は西川の肩楽枕を使っています。

「予算5000円くらいでいい枕はないかな?」と探して、私が誕生日にプレゼントしました。中にストローを細かくしたようなビーズが入っていて、その量で高さを調整できます。

最初は枕が固いと言っていたのですが、高さを好みに合わせたら寝心地が良くなったようで気に入って使っていますよ。

うちの夫はこだわるので、何度も中身のビーズを入れたり出したりしながら、一週間ぐらいかけて好みの高さを追及していました。私は面倒臭がりなのでそこまでこだわれません(笑)。

この枕にも余談があります。次女(当時3歳)が枕の中身が出せるということに気付いてしまって、ビーズを出して遊んでしまったのです。夫が寝ている隣で、布団の上に中身のビーズが散乱する事態に!

せっかくお気に入りの高さになっていたのに、調整がやり直しになってしまいました。幼い子供の前では、中身を出しているところを見せてはいけませんね(苦笑)。

しまむらの枕はシートを1枚抜くだけで、簡単に高さが調整できます。うちの夫のように細かく調整したい方には物足りないでしょうが、私のようにずぼらな方にはおすすめです。

まとめ

しまむらの低反発まくらはとにかく安い。1900円ですから手軽に買えます。家族の分をまとめてそろえたいときは、一つの単価が重要ですからね。

通気性がよく、高さ調整が簡単にできるところもポイントが高いです。

枕にはこだわりたいけど、予算はあまりかけられない」という方に、しまむらの「高さ調節シート付 低反発まくら」をお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク