2017/10/04

しまむら家で洗えるウォッシャブル枕!選んだポイントと使い心地を紹介

しまむらで京都西川のウォッシャブル枕を買ってきました。

今回はが子供が使うので洗えるタイプを選びました。洗えるタイプのまくらはいくつか種類がありましたが、中身がしっかり詰まった固めのものをチョイス。サイズは小さめコンパクトなものです。

それではウォッシャブル枕の使い心地などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

京都西川のウォッシャブル枕

しまむらで見つけたのは京都西川のまくらです。サイズは2種類あって私が購入したのは小さいほうのサイズ(31×45cm)になります。

価格は1200円。大きいほうのサイズは300円高い1500円でした。

中央部がくぼんでいているので頭がしっかりとおさまる感じになっています。肩口がカーブしていて、体に沿いやすい形状になっており、プチプラなのによく考えられたデザイン!

ウォッシャブル枕なのでもちろん手洗いOKです。私は洗濯機の手洗いコースで洗うつもりです。洗濯機に入れやすいように小さいサイズを選んでおきました(子供が使うということもありますが)。

中の詰め物はポリエステル100%です。

外側の生地もポリエステル100%なので気軽に洗えますね。

スポンサーリンク

この枕を選んだポイントは?

ウォッシャブル枕の中からこの枕を選んだのは高さが選べたからです。低めと高めから選べます。

子供が使うので低めをチョイス。

子供用のまくらは1000円ぐらいでキャラクター柄のものもありました。クッションみたいにただ中綿が詰められているだけで、使い心地などは考えられていないデザインに感じました。

500円や700円のものもフカフカ系のものが多く、ボリュームはあるけど同じような印象でした。

・中身がしっかり詰まっていてフカフカしすぎていないもの。
・頭や肩のおさまりがよさそうなもの。
・手頃な価格のもの。

この3点のバランスを考えて京都西川のウォッシャブル枕にしました。しまむらの寝具売り場でいつも見かける枕なので、しまむらの定番商品だと思います。

ピンクは小1の娘用に買いました。その後、使い心地がよさそうだったので長男用にブルーを買い足しました。

色はピンクとブルーの2色です。

ウォッシャブル枕の使い心地は?

子供用に買った枕ですが、私も夫も試しに1日ずつ使わせてもらいました(笑)。

夫はかなり気に入ったようで、この枕の「高め」にしたいと言うほどです。夫のまくらは5000円以上する枕で中身のビーズを出し入れして高さを調整できるものです。

中身はストローを細かく切ったようなビーズなので、一度頭をのせて形が決まると「キュッ」と引き締まった感じになり、ふんわり感が足りないのが不満だそう。

その点、しまむらの枕は中身が詰まってしっかりしながらも弾力がある点が気に入ったそうです。

私が使ってみたところ、合わない枕を使った時の肩こりや首の痛みは出ませんでした。高さも「高め」ではなく「低め」で大丈夫そう。

私が使っている枕は同じくしまむらで買った低反発まくら。こちらのほうが頭が程よく沈んで首回りにフィットする感じがします。

参考 しまむらのおすすめ枕!高さ調節シート付低反発まくらが安いのに優秀

夫はウォッシャブル枕のほうが好みで、私は低反発まくらのほうが好みという結果になりました。

まとめ

しまむらでは500円から枕が取り揃えてあり、2000円以内のものが中心です。今回買った枕は1200円とお手頃価格ですが、つくりはしっかりとしていると感心しました。

しまむらでは枕カバーも安いですよね。300円くらいから色柄豊富にありますが、同じデザインを見つけるのが難しいというデメリットが。できるだけ同じようなものを用意しないと兄弟げんかの元になります(笑)。

今回はカバーを手作りしました。家にあったダブルガーゼ風の端切れを使っています。

さりげなく色違いの生地になっているのがポイント。

洋服の場合は「同デザイン同サイズは各店舗1点ずつ」いう基本ルールがしまむらにはあるそうです。お揃いで2枚ほしいときなどはしまむらをハシゴすることになります(笑)。

カバーはお揃いが見つかりませんでしたが、枕本体のほうは同じものが数点ずつあったので定番品でどの店舗でも取り扱いがあると思います。1000円以上なので取り寄せも可能です。

家で洗えるウォッシャブル枕なら、しまむらがお手頃価格でおすすめです。

スポンサーリンク