しまむらファイバーヒートあったか掛布団をお試し!羽毛布団のような軽さと暖かさに感激

しまむらのあったか掛ふとんを買いました。

寝具としてはお手頃価格だったので本当に暖かいのか心配だった私。

寒さが厳しくなってきてしまむらの掛布団の暖かさを実感できましたので使い心地などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あったか掛ふとんファイバーヒート

買ったのはあったか掛ふとんの中でも「FIBER HEAT(ファイバーヒート)」マークがついてものです。

最初は柄で選んでいたのですが、タグをよく確認したら「ファイバーヒート」マーク入りとなしがあることに気づきました。

ファイバーヒートタイプは1000円ぐらい高かったのですが、自称しまむらマニアとしては、どうせ買うならファイバーヒート! カントリー風なかわいい柄はあきらめることにしました(笑)。

私が買ったのはダブルタイプでしたので定価5800円。シングルなら3800円からあります。

定価でも十分安いのに、1日限定でレジにて半額になった時を狙ったので、なんと2900円で買えてしまいました。

2019年10月26日付 しまむらチラシ

ダブルサイズの掛布団が3000円以下で買えてしまうなんて!

本当は羽毛布団が欲しくて、昨年からいろいろ検討していたのです。3000円以下なら試してもいいかなと思って、ファイバーヒートシリーズを試してみました。

羽毛布団と大きく違うところは「洗える」マークがついていること。

ボリュームがあるので家庭用の洗濯機では無理ですが、コインランドリーを利用して洗いたいと思っています。

スポンサーリンク

あったか掛ふとんを使ってみた感想

こんな風にぐるぐると巻かれて売り場に並んでいます。ダブルなのでかなりのボリューム。

広げてみるとこんな感じ。

外側も内側も暖かい肌触りの側生地になっています。

外側はつるっとしたマイヤー毛布風で、内側は羊やプードル風のもふもふ。顔や首回りに触れた時に暖かくて快適です。

ワンポイントの刺繍が入っているのですが、もふもふに埋もれて存在感なし(笑)。

いつもは掛布団はカバーをかけて使っていますが、今回は洗える素材でもありますし、この肌触りを楽しみたいので、カバーなしで使うことにしました。

しまむらのあったか掛布団を使う上で一番の心配は、今まで羽毛布団を使っていたので、しまむらの掛布団が重く感じてしまうのでは?ということでした。

私は40代ですから、ずっしりと重たい掛布団を知っている世代になります。昔は重かったですよね(笑)。

中身は昔のように真綿ではなくて化繊(ポリエステル)ですから、持っただけ軽さは実感できます。実際にかけて寝てみましたが、まったく重さは気になりませんでした。

12月に入ってグーンと冷え込んだ時に使い始めたのですが、しっかりと暖かくて快適でした。重さと暖かさの心配が解消されたので、安心して使っています。

まとめ

今回買ったしまむらのあったか掛布団は、羽毛布団を買うまでのつなぎの予定でしたが、「もうこれで十分だわ」と思っています。

羽毛布団独特のボリュームとまるで掛けていないかのような軽やかさという点では物足りないのは事実。

でも、十分軽いし暖かいし、洗えるし、なにしろお値段が安いのです。

しまむらのあったか掛布団は今まで使っていた羽毛布団並みに快適です。

私は1日限定で半額で買えましたが、半額になるのは本当に珍しい! 次に狙うなら30%OFFになる機会かな。

レジにて30%OFFならチャンスが多めなので、次は長男用にシングルサイズを買い足したいなと思っています。

スポンサーリンク