しまむらの夏パン!暑くても涼しく履けるパンツを3種類試しました

しまむらの夏パン

暑い夏でも涼しく履けるボトムスを「夏パン」と呼んでいます。

レジにて割引になる期間を狙って3種類を買って試してみたので、履いてみた感想を紹介します。

スポンサーリンク

1.素肌涼やかデニム&パンツ

素肌涼やかデニム

「素肌涼やかデニム&パンツ」はテレビコマーシャルにもなっているぐらいしまむら一押しアイテム!

通常2900円なのですが、レジにて30%OFFの日だったので2030円で買えました。

素肌涼やかデニム値札タグ

「素肌涼やかデニム&パンツ」は裏地にヒミツがあってひんやり感じるみたい。

試しに履いて見た感じだと、最初に履いたときはひんやりしました(すぐに人肌に馴染んでしまいますが・笑)。普通のデニムよりは薄いので、履き心地は楽ちんで涼しく感じます。

色はホワイトやカーキ、黒などもあったのですが、ブルー系のデニム以外は足にフィットするようなシャリ感の強いストレッチ素材。

太ももがムチッと見えてしまったので、ブルー系のデニムを選びました。ウォッシュ加工風のシワがムチムチ感をごまかしてくれるみたい。

トップス:レース切替プルオーバー(しまむら・580円)
ボトムス:素肌涼やかデニム(しまむら・2030円)
帽子:中折れハット(しまむら・500円)
バッグ:赤のロゴ入りクラッチバッグ(しまむら・980円)
靴:白×シルバーのサンダル(ロコンド・約1450円)

合計 約5540円

中折れハットは2種類持っています。別記事で詳しく紹介中。

 しまむら500円中折れハットをリピート購入!おしゃれで涼しいストロー風です

差し色にした赤のロゴ入りクラッチバッグはトートバッグ整理用として活躍中。

 しまむらの2WAYクラッチバッグはバッグインバッグに最適【トートバッグ収納法】

2.ドライリッチ素材のトラックパンツ

黒のゆったりしたデザインのパンツです。タグにはテーパードとありますが、裾にゴムも入ってい売るのでトラックパンツの方がしっくりきます。

定価1500円の品ですが、レジにて40%になる日に購入したので900円で買えました(2017年7月購入)。

素材はポリエステル62%、レーヨン(モダール)35%、ポリウレタン3%です。

レーヨン(モダール)がはいているとしっとりした柔らかい素材になるイメージが強かったのですが、こちらは凹凸のある織り方の生地なのでさらっとした感じです。鹿の子のポロシャツに近い肌触りになっています。

このデザインは黒のほかにカーキ色があり。ワイドパンツ(ガウチョパンツ)のデザインもありました。

同じシリーズのトップスも持っていますが、ベーシック&シンプルなデザインが多いシリーズで、目印はペンギンがかわいいタグです。

ドライリッチタグ

DRY RICH(ドライリッチ)は「いつでもドライで快適!」な素材です。

タグを見ると抗菌防臭、UV対策、接触冷感、抗ピリングの機能が載っています。W効果とありますが、実際は4つの機能付き。

毛羽立ちが少なくさらさらした風合いの特殊紡績糸を使用していて、汗を吸収してから素早く乾燥させ、快適さを保つ機能があります。

抗菌防臭なのは天然のグレープフルーツ種子より抽出した、安全性の高い抗菌材を配合しているからだそうです。

それを考えるとドライリッチ黒パンツとしては優秀だと思います。抗ピリング機能はなかなかいい仕事をしてくれます。

ワンシーズン履いてみましたが、本当に毛玉ができにくいです。私の場合、内またの部分に白い毛玉がポツポツっとできただけで、毛玉取り機の出番もないぐらいの量です。

黒なのでホコリがついて少し目立ちますが、粘着テープのコロコロをするほどではありません。色あせもない素材で、洗濯機でガラガラ洗っていてもくたびれてこない点が気に入っています。

ストレッチはそれほどでもありませんが、ゆったりしたデザインなのでジムに履いていっても大丈夫。

トップス:ロゴTシャツ(しまむら・500円)
ボトムス:ドライリッチ素材のパンツ(しまむら・900円)
バッグ:ロゴ入りトートバッグ(しまむら・980円)
靴:プーマのランニングシューズ(ロコンド・約2700円)

合計 約5080円

写真だとボリュームのあるパンツですが、実際は落ち感があるのですっきり履けます。

スポンサーリンク

3.リネン混の夏パン

フレンチリネン混夏パン

ナチュラルな雰囲気の「夏パン」です。

定価1500円の品ですが、レジにて30%OFFになったので1050円に(2017年7月購入)。

素材はレーヨン50%、綿35%、麻15%。麻はフレンチリネンで、カンボジア製でした。綿と麻が入っているので肌触りはザラっとサッパリした感じ。

伸びはそれほどありませんが、肌触りはとてもいいです。麻の分量は少なめなのでチクチク感がなくて安心しました。

夏パン説明タグ

夏パンは「Su-Su-Pants(スースーパンツ)」とあって、夏でも快適な涼しいパンツのこと。「夏パン」とひとくくりにされていますが、素材やデザインは様々でした。

いろいろ試着をして、肌触りの良さが決め手でこれを選びました。他のものはつるっとした化繊素材で伸びがよかったのですが、ふくらはぎがフィットするデザインが多かったです。ヨガなどをするのによさそうな感じです。

私は部屋着にしかたかったので、全体がゆるゆるなデザインのこのパンツにしました。

夏パンはCMもなったぐらいしまむらの一押し。モデルさんが着ているとおしゃれに見えます。

2017年しまむら公式サイトより

ボーダーTシャツに合わせているだけなのに素敵(夏パンはおそらく私が買ったのと同じものです)。

モデルさんを真似しようと同じようにボーダーTシャツと一緒に。

夏パンコーデ

トップス:ボーダーリブTシャツ(GU・420円)
ボトムス:リネン混の夏パン(しまむら・1050円)

上下で合計 1480円

40代でこのゆるいコーデだと本当にだらしなくなりそう。私だとリラックスウェアの域は出られなさそうなので、部屋着として大活躍しています。

まとめ:すべてCLOSSHIでした

しまむらの夏でも涼しく履けるボトムス(パンツ)を3点紹介しましたが、すべて「CLOSSHI(クロッシー)」のものでした。

「CLOSSHI」は素材や機能にこだわったしまむらのオリジナルブランド。「夏でも涼しい」というこだわり素材のボトムスが充実しているようです。

履き心地の面で、本当に涼しいのは3番目に紹介したリネン混の夏パン。しかし、40代でぽっちゃり体形の私だと、このナチュラルなデザインをおしゃれに着るのは難しいです。部屋着の域を出ません。

2番目に紹介したドライリッチ素材のほうもゆるゆるデザインですが、コーディネート次第ではキレイめに履けそう。

やはり、履く機会も多く、コーディネートしやすいのは、1番に紹介した素肌涼やかデニム&パンツです!

夏になると発売される定番なので2018年はカラーパンツのカーキ色か黒を買い足したいと思っています。

素肌涼やかデニム&パンツについては別記事で詳しく紹介中。

 しまむらの夏にピッタリ「素肌涼やかデニム&パンツ」を履いてみた感想

「夏パン」は涼しいのはもちろんですが、やはりTPOに合わせて、ゆるゆる雰囲気になりすぎないように注意して履きたいと思います。

スポンサーリンク