2017/10/31

おすすめ冬のあったかインナー!しまむらファイバーヒート FIBER HEATを着てみた感想

しまむらファイバーヒートインナー

しまむら大好き主婦 komie です。冬のあったかインナー(肌着)といえばユニクロのヒートテックが有名ですが、しまむらのファイバーヒート(FIBER HEAT)もなかなかの実力なのです。

私は通常ノーマルタイプ(保湿やわらかインナー)と裏起毛になった厚地タイプ(裏地あったかインナー)の2種類を愛用しているので、暖かさや着用感などをレポしたいと思います。

スポンサーリンク

しまむらのファイバーヒートとは?

ファイバーヒートロゴ

ファイバーヒート(FIBER HEAT)はしまむらが厳選する高機能素材です。冬物には「FIBER HEAT」マークがついたものが多数登場します。

ポリエステルやレーヨンなどの素材が統一されているわけではなく、あったかい機能の付いたものを総称して「ファイバーヒート FIBER HEAT」と読んでいるようです。

保湿やわらかインナー

最初に買ったのは2015年。価格は980円(税込)ですが、レジにて30%OFFの日を狙ったので686円でした。この価格だとユニクロよりも断然安いです。

しまむらファイバーヒートインナー

冬の在庫処分セールで500円になっていたので、もう1枚同じものを買い足しています。

色は黒の無地。ラウンドネック8分袖タイプを選びました。

素材はレーヨン65%、アクリル30%、ポリウレタン5%です。洗濯機でガラガラ洗っていますが特に問題ありません。

ファイバーヒートインナー全体

しっとりとした肌触りで、よく伸びるので体にフィットする着心地です。デザインも日常の動きにフィットする着用感を考えた設計になっているようです。

特に腕回りはつっぱり感もなく、もたつきもないのでインナーとしては最適。説明を読むと腕回りに沿った立体パターンになっているからのようです。

あったかインナー機能

一般的なアクリル原綿の1/3の細さのアクリルを使用しているので、生地がとっても柔らかいのです。植物由来成分のオリーブ加工も施されています。

しっとりしているのは、極細アクリル繊維とレーヨンを使用しているおかげ。最近では「レーヨン=しっとり」と私の頭にインプットされてきました。

機能としては「吸湿発熱」「保湿」「静電防止」「ストレッチ」マークが記載されています。

2017年10月に買い足しました。今年は「保湿やわらかインナー」にネーミング変更されています。

保湿やわらかインナー

しっとりとした気心地はこれまでと同じでしたし、素材も「レーヨン65%、アクリル30%、ポリウレタン5%」と同じ。

色柄やデザインが豊富になっていたので、今年は首回りが大きくあいている「オフショルダー8分袖」を選んでみました。

パッケージの商品説明を比べてみましたが、今年の方が分かりやすい!

よく見比べれば内容は昨年と同じですが見やすくなっていました。パッケージの画像を見比べるなんてしまむらマニアのようですね(笑)。

スポンサーリンク

裏地あったかインナー

ファイバーヒートのインナーには裏起毛になったシリーズもあります。

しまむら厚インナー

定価は1200円(税込)です。レジにて30%OFFの日を狙えば840円になりますね。私は冬物処分セール500円で買えました(2016年3月)。

セールのワゴンの中からグレーベースのヘリンボーン柄を選びました。こちらもラウンドネック8分袖タイプです。

厚インナー全体

素材はポリエステル89%、ポリウレタン11%なので、ノーマルタイプとは違います。

裏側が白い部分は裏起毛になっています。ふんわりやわらか系の裏起毛です。

厚裏起毛部分

ノーマルタイプに比べるとしっとりした感じがありません。よく伸びてフィットする着心地は一緒です。

ノーマルタイプよりもしっとりしていない分、ふんわりした軽さを感じます。裏起毛ですが、厚ぼったくないのもよい点です。

ノーマルタイプと比べてみると確かにやわらかく暖かいです。

あたたかさ:起毛量が多いので高い保湿力

軽さ:記事に厚みがあるのに軽い

裏起毛:極薄の記事からボリュームのある裏起毛

フィット感:やさしく包み込まれるようなフィット感

体のラインに沿ったメリハリパターン設計のおかげで動きやすくなっています。

機能としては「保湿」「裏起毛」「吸水速乾」「UV対策」「ストレッチ」マークが記載されていました。

こちらも2017年10月に買い足しました。

裏地あったかインナー

「厚~ATU~」から「裏地あったかインナー」にネーミング変更しています。

濃いグレー(チャコールグレー)のオフショルダー8分袖タイプを選びました。裏の商品説明も分かりやすくなっています。

厚地なのに軽いのが特徴で、一般的なヒートインナーよりも約30%軽くなっているそうです。実際に着てみると軽いですし、洗濯すると他のものより早めに乾きます。

値段は980円になっていて、前シーズンよりも安くなっています。

保湿やわらかインナーと同じ価格ですね。

まとめ

ユニクロが火付け役となった冬のあったかインナーですが、私は断然しまむら派です。今年もデザイン違いを買い足しています。

よく伸びてフィットする着心地も好みですし、ノーマルタイプ(保湿やわらかインナー)はしっとりとした肌触りが秀逸です。

お値段も定価自体もお手頃価格ですし、レジにて30%OFFになる機会を狙うとお得ですよ。

ノーマルタイプ(保湿やわらかインナー)と裏起毛タイプ(裏地あったかインナー)のどちらがおすすめかという点では、まずはしっとりした肌触りのノーマルタイプを一押しします。着られる期間も長いですしね。

裏起毛タイプはしっかりと暖かいので試してみる価値あり。

しまむらのファイバーヒート素材インナーは私の冬の定番です。

スポンサーリンク