2018/01/19

しまむらHK WORKS LONDON 1万円福袋の中身&満足度を徹底研究【2018年】

HKWL福袋2018

しまむらでは年末年始に沢山の福袋(ハッピーバッグ)が発売されます。その中でもHK WORKS LONDON(ヒロココシノワークスロンドン・HKWL)の福袋はしまむらの最高額1万円という豪華な内容なのです。

しまむら大好きな私は毎年福袋の中身をチェックしているので、歴代福袋の内容をまとめてみました。そして、2018年はHKWLの福袋を買ったので中身や満足度など検証してみたいと思います。

HK WORKS LONDONの歴代福袋の内容は?

私がしまむらの新春初売りに参戦するようになったのは2015年からです。2018年の初売りで4回目になります。開店前の行列に並んだこともありますが、ここ2年は元旦の午後からのんびり参戦です。

しまむらの福袋の中身は事前にWEB公開されますし、元旦の折り込みチラシにも掲載されます。さらに、メインのものはマネキンに着せられて展示されるので、しっかり確認の上、納得して買えるという良心的な福袋になっています。

私が別ブログ(すっきり美人Closet)に記録していた歴代のHKWL福袋が掲載されたチラシを紹介していきます。

2016年のHK WORKS LONDON福袋

2016年1月1日付しまむらチラシ

7点セットの福袋です。メインの黒のコートがきれいめなデザインで1万円の福袋の半分ぐらい占めていそうな感じです。

黒のコートはお気に入りを持っていたので、この年は購入しませんでした。

ワンピースはスカート部分が赤になっているバイカラーデザイン。このワンピースはハイゲージのすっきりしたきれいなラインだったので、解体販売されていた時に買おうかどうか迷ったほど。「赤」が気になってしまって買わずじまいとなりました。

2017年のHK WORKS LONDON福袋

2017年1月1日付しまむらチラシ

前年の7点セットからグーンと増えて、豪華な12点セットです。キャリーケースも実用的なタイプになっています。

アウターがキレイめコートとカジュアルなブルゾンの2タイプ入っていますし、トップス・ボトムス共に点数多めです。

小物もお財布ショルダー(しまむらでは1500~2000円ぐらいで販売されていて大人気でした)が入っていて、WEB公開されたときに驚いた覚えがあります。

福袋全体としては魅力的でしたが、手持ちのアイテムと重なってしまうものが多かったので購入は見送りました。

2018年のHKWL福袋

2018年1月1日付しまむらチラシ

前年に引き続き12点セットです。毎回2つのスタイルが楽しめるというコンセプトは同じようです。

この福袋にはHK WORKS LONDONのスポーティラインATHLE(アスレ)が新登場していて、大人カジュアルコーデとスポーティコーデが楽しめるようになっています。

2018年の福袋はWEB公開の段階から気になるアイテムが多かったうえに、店舗で見てみて納得できたので、とうとう思い切って購入してしまいました。

過去に何度か福袋で失敗しているので、ここ10年以上洋服の福袋は買っていなかった私。その私の心をつかんだ福袋だったということです。

スポンサーリンク

実際に購入した2018年HKWL福袋の中身と満足度は?

HKWLの福袋タグ

過去には元旦の開店前の行列に並んだこともありますが、最近はお昼ごろにのんびりと出かけて買ってきました。

店舗ではマネキンが2タイプのコーデを着ていましたが、トートバッグ、お財布ショルダーなどの小物までは展示されておらず、メインのものが確認できる感じでした。

キャリーバッグがとてもしっかりしていて気に入ったのと、カーキ色のキルティングコートがそれほど安っぽくなかったのが決め手になりました。

福袋にアウターが入っているとお得感がありますが、生地が薄かったりするものが多いと思います。アウターを実際に見て質感などをチェックできたので、安心して買えました。

2018年HKWL福袋の中身を紹介します

帰宅してキャリーバッグのファスナーを開けると中身が飛び出してくるぐらいパンパンでした。

2018年HKWL福袋の中身

ずらっと並べると圧巻です。すべてビニール袋に入っていました。

まず、購入のきっかけになったキャリーバッグ。とても実用的なつくりになっています。

外側にファスナーポケットがたくさんあるし、キャリーにもなってリュックとして背負うこともできるという2WAYなんです。

それから、店舗ではチェックできなかった小物もなかなかの出来でした。

トートバッグ、お財布ショルダーは使い勝手よさそうですが、赤系のチェックストールは使いこなせるかどうか心配。大判ストールの大きさがありますが生地が薄いのでマフラーとして使ってもかさばらない感じです。

イヤーマフに関しては実は使い方がよくわからないの(苦笑)。コンパクトになるデザインなのですが、何度ためしても広げ方が分らないので、そのまま放置中。

そして、福袋のメインといってもいいアウター。キルティングコート、ブルゾン、ボア使いパーカーと3点も入っています。

トップスは長袖Tシャツとケーブル編みのセーターです。

HKWL福袋トップス2点

ボトムスはネイビーのストライプ柄ワイドパンツと黒のテーパードパンツでした。

福袋の感想と満足度は?

HK WORKS LONDONの1万円福袋の満足度は星4つ「★★★★☆」かな。1つマイナスしたのはサイズ感が大きすぎたこと。

Lサイズを買ったのですが、Mサイズにすればよかったみたいです。普段からHK WORKS LONDONの洋服を買っていてサイズ感はわかっているつもりでLサイズのほうを選んだのですが(苦笑)。

アウター2点(キルティングコートとブルゾン)はダボっとしてしまい、ボトムス2点はウエストが緩いです。この点は残念でした。マネキンが着ているのを見てもサイズ感はミスしやすいということですね。

気に入っているのはキャリーケースとボトムス2点です。キャリーケースは解体販売されたときに2000円の値段がついていたのですが、私の中では3980円という価格を付けています(笑)。

ボトムスはウエストが緩いのが残念でしたが、どちらも着てみるとすっきり見える点がよかったです。

ネイビーのワイドパンツは広がりすぎないアンクル丈で、生地もしっかりしています。解体販売では1500円でしたが、私の中では1900円。

黒のテーパードパンツはジャージーみたいな素材感で見た目は部屋着っぽい感じもしてしまうのですが、履くとすっきり見えて、キレイめに着られました。

お財布ショルダーも福袋に入っていると嬉しいアイテムですが、すでに黒のお財布ショルダーを持っている私としてはプラスポイントにはならず。

2017年と2018年の両方に黒のお財布ショルダー入っているので、人気アイテムなのでしょうね。解体販売では900円で売られていましたが、私の中では1500円かな。

トップス2点は特に気にいったというほどではないのですが、長袖Tシャツはジムに行くときに着ていて、セーターは合わせやすいので何度も着ています。確実に元は取れるアイテムでした。

久しぶりに洋服の福袋を買ってみましたが、初売りで福袋を買うのは楽しいですね。福袋の購入をお正月の恒例行事にしている方がいるのにも納得です。

スポンサーリンク